/

この記事は会員限定です

カードIC化、22年にずれ込み 磁気式は不正決済リスク

(更新) [有料会員限定]

改正割賦販売法で求められているクレジットカードの不正利用対策が遅れている。クレジットカード大手によると、不正利用されにくいカード決済のICチップ化の完了は、同法による期限だった2020年3月末から2年程度ずれ込みそうだ。磁気テープと手書きのサインによる決済は、それまでの間は不正利用される危険性にさらされることになる。

ジェーシービー(JCB)、三井住友カード、クレディセゾン、三菱UFJニコス、ユ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン