/

エクスペディア、自宅周辺の休暇提案 専用ページ開設

米旅行予約サイト「エクスペディア」を国内で運営するベックストラベルジャパン(東京・港)は、自宅周辺の宿泊施設に滞在し休暇を楽しむ「ステイケーション」のページを新設した。顧客の位置情報に応じ、周辺の宿泊施設を表示する。新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、遠出をせずに旅行気分を楽しみたいというニーズに対応する。

ステイケーションは滞在を意味する「ステイ」と休暇を意味する「バケーション」を組み合わせて作られた造語。新型コロナの感染拡大を受け、自宅周辺の宿泊施設に滞在して気軽に楽しむ旅行を提案する。エクスペディアのサイトで位置情報の共有を許可すれば、周囲70キロメートル以内を目安に宿泊施設の情報が表示される。

エクスペディアの日本版サイトによると、7月に旅行先として最も多く検索されたのは東京都だった。エクスペディアは「東京居住者が都内の宿泊施設にステイケーションするための検索が含まれている」とみており、都会にいながら海や山を眺められる宿や、季節に合わせた料理などを楽しめる宿を提案している。

エクスペディアのサイトでは、新型コロナの感染リスクを避けながら旅行する利用者のため、押さえておきたい基本事項をチェックリスト形式で紹介している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン