/

広島市長、控訴判断「誠につらい」 黒い雨訴訟

(更新)

広島市の松井一実市長は12日、市役所で記者会見し、「黒い雨」訴訟の広島地裁判決について控訴したことを明らかにした。「誠につらい気持ちではある」と苦渋の決断だったことを明かし、国には訴訟の対応と併せて原告ら黒い雨を浴びた人への早期の援護実現を求めていくとした。

「黒い雨」訴訟の控訴判断について記者会見する松井一実広島市長(12日午前、広島市役所)=共同

松井市長は「(国と)足並みをそろえて控訴する判断をせざるを得ない」と強調。国との協議の中で、黒い雨を巡る援護対象区域に関し、拡大も視野に入れて検討するとの回答を得たため、控訴の判断を受け入れたと説明した。

現在の制度下で援護を求める人々を救済するには「放射線量などを用いて科学的に被爆との因果関係を明確にしなければならない」と指摘し、国に対し「科学的知見を超える政治判断をしてもらいたい」と改めて要請した。

高齢化が進む原告らについて問われると「せっかく勝訴したのに申し訳ない。国はスピード感をもって対応するとのことなので、もう一踏ん張りしてほしい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン