/

この記事は会員限定です

超高速取引も上陸 日本株、支えは2頭の「鯨」

学び×これからの株式投資(4)マネックス証券の益嶋裕さん

(更新) [有料会員限定]

2019年に公開された映画「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」は、ニューヨーク証券取引所とカンザス州のデータセンターとの間の1600キロメートルを莫大な資金を投じて光ファイバーで一直線に結んだ実話です。目的はなにか。お金もうけです。

「ミリ秒」単位で機械売買

この映画の原作「フラッシュ・ボーイズ」は14年の出版当時、証券業界に大きな議論を巻き起こしました。一般投資家の先回りをして1秒間に数千回もの頻度で株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×これからの株式投資

新型コロナウイルスまん延によって急落し、その後「V字回復」した世界の株式相場。目をこらすと、ウィズコロナ社会の未来図が浮かび上がってきます。そしてコロナショックをきっかけに20~30代のミレニアル世代が投資に踏み出しました。まとまったお金はないけれど、人生の残り時間はたっぷりある。こんな若い投資家が相場と向き合い、これから資産形成していくために知っておくべきことはなにか。マネックス証券でマーケット・アナリスト兼インベストメント・アドバイザーを務める益嶋裕さん(35)に語ってもらいます。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン