/

この記事は会員限定です

電動キックスケーター脚光 人混みよ、さらば

密から分散へ(1)

[有料会員限定]

「公共交通機関に乗るのが怖くなって」。横浜市の会社員、仲裕介さん(35)は新型コロナウイルスの感染が広がりだしてから、電動キックスケーターに乗る機会が増えた。自宅周辺であればなるべく公共交通機関は使わない。歩道の人混みを尻目に、時速20~30キロメートルで車道を滑り抜ける。

電動スケーターは原付き免許があれば公道での走行が可能。最高時速は40キロメートルほどで、1度のバッテリー充電で約50キロメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン