卸売業、取引先支援でデータ活用 19年度本社調査

2020/8/12 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

卸売業がデータを活用し取引先を支援する動きが進んでいる。日本経済新聞社がまとめた「第49回日本の卸売業調査」によると、1割の企業が取引先などへの営業支援システムの導入を進めていると回答した。卸売業は小売りの値下げ要請やメーカーとの直接取引による「中抜き」で厳しい環境下にあるが、データ活用で巻き返しを図る。(詳細を12日付日経MJに)

卸売業調査では卸各社に営業力の強化や経営の効率化に関して質問し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]