/

Sポイント、不正アクセス被害 44人の氏名流出の可能性

エイチ・ツー・オーリテイリング阪急阪神ホールディングスは11日、ポイントサービス「Sポイント」の会員サイトが不正アクセスを受けたと発表した。6日に判明し、44人の会員の氏名が流出した可能性があるという。うち1人は1000ポイント分のSポイントが他社ポイントに交換されたという。

手当たり次第に数字の組み合わせを試みる「総当たり攻撃」を受けた。1094件のIDとパスワードが一致し、うち44人は氏名と保有ポイント数が流出した可能性があるという。6日に顧客から「身に覚えのないポイント交換完了メールが届いた」と連絡があり、判明した。

これを受けて、Sポイントの会員サイトは利用を一時停止している。セキュリティー強化のため、運用再開には1週間から10日ほどかかる見込みだという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン