静岡のカワサキ機工、茶園作業を農機から自動記録

2020/8/11 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製茶機械大手のカワサキ機工(静岡県掛川市)は茶園での農作業を自動で記録するサービスを始めた。茶葉の刈り高さや農薬の散布量などのデータを農機からサーバーに送り、スマートフォンで管理できるようにした。人手不足のなか生産を効率化し、国内の茶業振興につなげる。

IT(情報技術)コンサルティング会社のライブリッツ(東京・品川)と業務提携し、「カワサキスマートコネクト」の提供を始めた。同社の農業日誌アプリ「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]