9/25 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米株安横目、粘る日本株 「3低」バネに伸びしろ期待[有料会員限定]
  2. 2位: 「オフィス解約、ほとんどない」東急不HD・西川弘典社長[有料会員限定]
  3. 3位: 西武、今期の最終赤字630億円 資本増強や資産売却検討
  4. 4位: NYダウ、続落で始まる 米景気懸念やハイテク株売り
  5. 5位: 海運大手の業績上振れ 郵船は経常益3倍 4~9月期、コンテナ…

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

業績ニュース

日産化学4~6月、営業益5%増 半導体向け材料好調

2020/8/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

日産化学が11日発表した2020年4~6月期連結決算は、営業利益が前年同期比5%増の98億円だった。ディスプレーや半導体向け材料を中心に出荷が伸びた。純利益は76億円と3%減ったが、従来予想(68億円)を上回った。

売上高は1%増の492億円。半導体関連需要の高まりで半導体用の反射防止材が好調だった。液晶分子を一定方向に配列させる「光配向膜」もタブレットやパソコンなど非スマートフォン向けの販売が増加。7~9月期も「ディスプレー、半導体向けともに好調が持続する」(宮崎純一副社長)とみる。

農業化学品では殺虫剤「グレーシア」の売り上げは伸びたものの、当初計画は下回った。国内で低温が続き害虫の発生が少なかった影響が出た。動物用医薬品原薬「フルララネル」は顧客の在庫調整が続くが、計画は上回った。化学品では半導体洗浄用の高純度硫酸の販売は増えたが、建材関連材などは減少した。

純利益を14%減の125億円とする20年4~9月期や、微増の308億円とする21年3月期通期の連結業績予想はいずれも据え置いた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム