/

この記事は会員限定です

小粒投信ほど成績悪い 「手抜き」の疑い否定できる?

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

続くかどうかはともかくとして、世界の株式相場が回復基調を強め、公募投資信託の運用成績も、3月末に比べてかなり好転した。ただ、純資産総額が小さい小粒ファンドの平均的な運用成績は、大型ファンドに比べて有意に悪く、特にアクティブ運用の国内株型や外国株型はその傾向が顕著になっている。十分なスキルを持った運用担当者がついていない可能性もある。個人投資家の利益を守るために、何らかの制度対応が必要ではないか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2646文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン