ドイツ製造業、回復の兆し 中国依存に危うさも

2020/8/11 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤、フランクフルト=深尾幸生】欧州経済のけん引役であるドイツの製造業が立ち直り始めた。生産水準はなお低いが、先行きへの楽観論が広がりつつある。回復を支えているのは中国向け輸出で、中国市場への依存度が一段と高まりかねない危うさも浮かび上がっている。

「市場は回復しているが、速度と規模はまちまち。年後半は慎重に楽観している」。2020年4~6月決算で09年以来となる最終赤字に転落した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]