/

大阪府、11日にコロナ102人感染 4日連続200人下回る

(更新)

大阪府は11日、新型コロナウイルスの新たな感染者を102人確認したと発表した。府内の新規感染者数は4日連続で200人を下回った。このうち感染経路が分からないのは42人。クラスター(感染者集団)が発生した同府池田市の高齢者施設では、11日新たに14人の感染が確認され、感染者は計27人となった。

PCR検査などを1669件(陰性確認分は除く)実施し、陽性率は6.1%。府内の累計感染者は5994人となった。30代以下の若者が約4割にあたる39人、70代以上も35人確認された。ほとんどが軽症または無症状だが、60~70代の男女3人が重症という。新たに1人の死亡が確認され、府内の死者は累計で97人となった。

感染状況を判断する府の独自基準「大阪モデル」は7月12日から黄色信号が点灯。重症病床の使用率が70%を超えると非常事態を意味する「赤信号」に切り替わる。11日は新たに8人が重症で入院し、同使用率は26.1%だった。

府はこの日、大阪市内の宿泊施設「大阪アカデミア」で療養していた50代の男性感染者が一時無断で外出したと発表した。男性はタクシーを利用したり、郵便局に立ち寄ったりしたが、濃厚接触者はいないという。府内の宿泊施設から感染者が無断で外出するのは3件目。府は改めて外出禁止の徹底を周知する。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン