/

この記事は会員限定です

カツオ節から自動システムまで、コロナ下で攻めの投資

コロナ危機 地方から 逆風に挑む(2)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大企業では設備投資を手控える動きが相次ぐ。景気の先行きに不透明感が強まるなか、需要拡大を確信して投資のアクセルを踏む中堅・中小企業も現れている。将来を見据えた設備投資で他社に先行し、成長への糸口を探るねらいだ。

    【「コロナ危機 地方から 逆風に挑む」記事一覧】

「巣ごもり需要」を取り込もう――。削り節大手のマルトモ(愛媛県伊予市)は主力商品群「かつおパック」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン