/

この記事は会員限定です

沖縄の17社、ファンド運営会社設立 地元企業を支援

[有料会員限定]

沖縄セルラー電話沖縄電力など沖縄県内の17社が、ファンド運営会社を設立した。新型コロナウイルスの感染拡大などで経営課題を抱える地元企業に出資し、財務基盤の強化や事業再生を手助けする。投資資金として57億円を集めた。2020年末までに資金規模を100億円近くまで増やし、5年間で20件以上の投資を目指す。

運営会社の琉球キャピタル(那覇市)は5月に設立済みで、琉球銀行、琉球海運(同)、国場組(同)、ゆがふホールディングス(名護市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン