/

この記事は会員限定です

地銀 コロナ損失処理先手 欧米流、貸倒引当金厚めに

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行が長期化する中で、将来発生する損失を前倒し処理する地銀が増えてきた。ふくおかフィナンシャルグループに続き、福島銀行、東京スター銀行も最終赤字を計上。「フォワードルッキング(FL)引当」と呼ばれる欧米普及の新手法で、将来の経済を保守的に予測する動きが広がってきた。

「ふくおかFGの幹部とは、2年以上前から導入に向けたブレーンストーミングをしてきた」。ある金融庁幹部は明かす。

同社は4月下旬、日本で初めてFL引当を導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン