神奈川県内の観光地、お盆の集客少なく 中華街6割減

2020/8/11 16:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

お盆休みが本格的に始まった8~10日、神奈川県内の観光地の集客は前年に比べて低調だった。緊急事態宣言の解除後、人出は回復傾向にあるものの、横浜中華街(横浜市)や同県鎌倉市の海岸の人出は前年ピークの6割減となった。

クロスロケーションズ(東京・渋谷)の訪問推計速報によると、9日の横浜中華街の人出は約2万3000人、由比ケ浜海岸(鎌倉市)付近は同約5000人だった。2019…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]