鬼塚硝子、中途入社の長女承継 現場の知識たたき込む
私たちの事業承継

2020/8/11 16:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「そろそろ承継の準備を始めないといけません」。精密ガラス部品製造を手掛ける鬼塚硝子(東京都青梅市)の鬼塚好弘社長(78)は2014年、東京都中小企業振興公社の異業種交流会の席で、同公社幹部に諭された。

創業者社長として経営や製品づくりを引っ張り、当時も70歳をとうに過ぎていた。ただ「毎日様々な課題に迫られる社長業を任せるなら身内しかいない」とも感じていた。半面、子どもは長女の睦子(ちかこ、47)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]