オリパラ考

フォローする

競技団体、コロナ禍で苦境 稼ぐことに知恵を絞れ
編集委員 北川和徳

Tokyoオリパラ
2020/8/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスはアスリートを支える国内競技団体(NF)の財政も直撃している。企業収益が悪化してスポンサーの撤退や協賛金の減収は避けられない。大会やイベントなどの開催は不可、たとえ開催しても無観客では収益は上がらない。さらに大会がなければ登録料を納めてくれる競技者も減っていく。

独自財源で稼げなければ、国や日本スポーツ振興センター、日本オリンピック委員会(JOC)の補助金、助成金などが頼りとな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
陸上の競技者は来年度から新たに日本陸連への「登録料」が必要になる(12日の日本学生対校陸上)

 日本陸連は2021年度から新たに競技者の「登録料」を設定することを決めた。選手として活動するためには、大学生以上は1000円、中高校生は500円を毎年、所属先や居住地のある都道府県の陸上協会(地方陸 …続き (9/16)


 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国同士が互いに入国を拒否したり制限したりする状況が続いている。五輪には通常200を超える国・地域が参加するが、日本も現在、150以上の国・地域を原則入国拒否の対 …続き (9/13)

ビーチハンドボールは豪快なシュートもあるが、初心者や未経験者にもハードルは低い

 ビーチハンドボールの全日本選手権が12日、愛知県碧南市で開催される。と紹介しても、国内でこの競技を知っている人はほとんどいないだろう。私自身も日本ハンドボール協会の知人から教えてもらうまで、ハンドボ …続き (9/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]