9/24 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  2. 2位: コロナで「未経験OK」求人減 人材市場、求ム即戦力[有料会員限定]
  3. 3位: 投機マネー、ユーロから円へ 欧州のコロナ再拡大で[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ続伸して始まる 一時120ドル高、ナイキが大幅高
  5. 5位: 運用難の生損保、配当狙いで相場支え 一巡後に警戒も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,346.49 -13.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,190 -30

[PR]

スクランブル

フォローする

「厳選」IPO株に買い、不透明相場に光明
証券部 長谷川雄大

2020/8/11 17:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍で「厳選」され、6月以降に上場した新規株式公開(IPO)銘柄に買いが集まっている。新型コロナウイルスの感染再拡大や米中対立の激化で世界経済の先行きが不透明ななか、コロナを踏まえた業績予想が上向きで、その確度も高いからだ。主力の大型株は4~6月期決算がピークを越えて個別の買い手がかりに乏しく、個人や機関投資家の一部は厳選IPO株の押し目買いに動いている。

11日の東京株式市場で、前週末の上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム