大阪メトロの4~6月、民営化後初の最終赤字 39億円

2020/8/11 16:06
保存
共有
印刷
その他

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)が11日発表した2020年4~6月期の連結決算は、最終損益が39億円の赤字(前年同期は58億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が響き、18年4月の民営化後、四半期ベースで初めて最終赤字となった。役員報酬の削減を打ち出し、具体的な額や期間は検討する。

売上高にあたる営業収益は42%減の271億円。新型コロナの影響で20…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]