JR西日本、ビッグデータで経費削減 改札機の故障予測

2020/8/11 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR西日本はビッグデータを活用しコスト削減を進める。改札機の故障を予測するプログラムを開発し修理の手間を減らすほか、気象データから積雪対策の要員を効率良く配置できるようにする。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込む鉄道事業の収益の改善につなげる。

神戸駅や姫路駅などJR西の神戸支社管内で、改札機と券売機の全600台弱を対象に故障予測の実験を始めた。稼働回数や故障の内容・日時のデータをサーバーに毎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]