/

この記事は会員限定です

台湾海峡挟み対峙した習近平氏と李登輝氏の因縁

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

「台湾のことだったら誰よりもよく知っている。(国家主席の)習近平(シー・ジンピン)には自信があるんだ」。中国の地方都市で老幹部の口から出た興味深い話だ。

このエピソードは、先に97歳で亡くなった元台湾総統で台湾民主化の父、李登輝に大いに関係している。

「でたらめだ。『二国論』は李登輝の祖国分裂を図る本質的な動機を暴露した」。筆者の目の前でこう声を荒らげたのは、まだ無名だった46歳の習である。今より...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン