/

この記事は会員限定です

球数制限だけで故障は防げない 馬見塚医師に聞く

[有料会員限定]
右肘靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰したばかりだった米大リーグの大谷翔平(エンゼルス)が再び右肘痛を発症し、今季の登板が絶望的となった。球数制限など予防への意識が高まっても、投手の故障は後を絶たない。ジュニアからプロまで多くの選手と接する医師の馬見塚尚孝さんは「球数制限は根本的な解決策にはならない」と主張する。

――投手の故障は投げ過ぎが原因ではないのか。

「故障は球数のほかに投げる強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン