インタビュー

フォローする

球数制限だけで故障は防げない 馬見塚医師に聞く

2020/8/16 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
右肘靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰したばかりだった米大リーグの大谷翔平(エンゼルス)が再び右肘痛を発症し、今季の登板が絶望的となった。球数制限など予防への意識が高まっても、投手の故障は後を絶たない。ジュニアからプロまで多くの選手と接する医師の馬見塚尚孝さんは「球数制限は根本的な解決策にはならない」と主張する。

――投手の故障は投げ過ぎが原因ではないのか。

「故障は球数のほかに投げる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
参天製薬はブラインドサッカー日本代表のスポンサーを務めている

 参天製薬は日本ブラインドサッカー協会(JBFA)と2030年まで10年間にわたるパートナーシップ契約を結んだ。国内のスポーツ界で、これほど契約期間が長いスポンサー契約は珍しい。参天製薬の谷内樹生社長 …続き (10/28)

葦原一正氏はBリーグの戦略立案を主導してきた

ラグビー、バレーボール、女子サッカー……。日本のスポーツ界で新リーグの設立が相次いでいる。2016年誕生後、順調に成長してきたのがプロバスケットボールのBリーグだ。その離陸から安定飛行までをけん引した …続き (9/27)

「負担の少ないフォームは多くの練習を積んで身につく」と語る馬見塚さん

右肘靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から復帰したばかりだった米大リーグの大谷翔平(エンゼルス)が再び右肘痛を発症し、今季の登板が絶望的となった。球数制限など予防への意識が高まっても、投手の故障は …続き (8/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]