九州電力送配電・福岡西事業所 球場から離島までカバー
九州・沖縄 拠点を探る

2020/8/13 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

発電所から家庭や工場、商業施設などにどうやって電気が届くか、ご存じだろうか。50万キロワットという大電圧で発電所から送り出される電気はいくつかの変電所で徐々に減圧され、最終的な需要家に届く。その最後の「毛細血管」の管理をしているのが、配電事業所だ。九州電力送配電の福岡西配電事業所(福岡市)は、離島から都市部の球場まで幅広く担当。電力の安定供給のため、日夜休むことなく稼働する。

配電所のモニター画…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]