オリパラを考える

フォローする

フェンシング会長・太田雄貴さん 開催の希望が力に

2020/8/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

史上初の延期となった東京五輪・パラリンピック。大会を開催する意義は何なのか、新型コロナとどう向き合うべきなのか。企画「オリパラを考える」では各界の著名人にインタビューする。今回は五輪メダリストで、日本フェンシング協会会長の太田雄貴さん(34)に聞いた。

新型コロナウイルスの感染者が増え続けるなかで、東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年を切った。この状況で「五輪をやりたい」という声を上げづらい雰囲…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

オリパラを考える 一覧

フォローする
「(五輪が)開催できれば、希望を見いだす歴史的な行事になるのではないか」

 来夏の東京五輪・パラリンピックの開催までに、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収束すると考えるのは現実的でないだろう。安全・安心な大会へのハードルはかなり高い。しかし …続き (9/11)

 五輪は優れたアスリートたちが1カ所に集まり、平和と団結を世界に示す祭典だ。東京五輪・パラリンピックの開催には、選手やコーチ、審判らの安全確保が最低条件になる。新型コロナウイルスの …続き (8/20)

「五輪にはワクワクドキドキが詰まっている」

 新型コロナウイルスの感染者が増え続けるなかで、東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年を切った。この状況で「五輪をやりたい」という声を上げづらい雰囲気があるのは事実だろう。一方で …続き (8/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]