/

7月の貸出残高、過去最大更新 中小向け伸びる

日銀が11日発表した7月の貸出・預金動向(速報)によると、全国の銀行と信用金庫の貸出平均残高は前年同月比6.3%増の572兆7058億円だった。伸び率、残高ともに過去最大を更新した。新型コロナウイルス禍で中小企業を中心に手元資金を確保する動きが一段と広がった。

業態別にみると地銀と第二地銀は合わせて5.1%増の264兆2769億円、信金が6.2%増の73兆6035億円だった。いずれも過去最高の伸び率となった。中小企業からの資金需要が大きかった。

メガバンクなどの都銀は7.8%増の234兆8254億円だった。伸び率は6月(8.6%増)から縮小した。日銀は「大企業の資金需要はほぼ一巡した」と分析。資金調達の手段を金融機関からの借り入れからコマーシャルペーパー(CP)や社債にシフトする動きも広がっている。

預金平均残高は8.3%増の786兆1232億円だった。企業が手元資金を確保する動きに加え、政府から個人への特別定額給付金の支給が進んだことも影響した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン