銚子沖で洋上風力、現場で見た期待と課題
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/8/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力リニューアブルパワーは国内で最初の着床式洋上風力発電所を千葉県銚子沖で運営する。周辺の海は国が洋上風力に適すると指定、公募で選ぶ事業者による大規模な洋上ウインドファームの建設が検討されており、同社は入札に参加する方針だ。7月末に銚子沖洋上風力発電所を訪れた。

千葉県銚子市の銚子マリーナからイルカウオッチング船「フリッパー号」に乗る。「今日は波も穏やか」と船長の宮内幸雄さん。とは言っても、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]