/

この記事は会員限定です

正岡子規 死の床でたどり着いた「生きる意味」とは

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

34年と11カ月。明治時代、短い生涯の間に俳句や短歌、文章表現の世界に革新をもたらした正岡子規は、当時、死に至る感染症だった脊椎カリエスに襲われ、寝たきりになる。死の1年前から書き始めた日記「仰臥漫録(ぎょうがまんろく)」などの行間からは、死が近づくにつれ、「暗」から「明」への死生観の変化が読み取れる。一体、何があったのだろう。

「暗」 あの世で古白が呼んでいる

日本が欧米諸国に追いつこうとして近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン