/

新型コロナ感染者、世界で2000万人超に

マスク姿でフェリーに乗船する人たち(7月、米メーン州ポートランド)=AP

【メキシコシティ=宮本英威】新型コロナウイルスの世界の累計感染者が10日、2000万人を超えた。1500万人に到達した7月22日から19日間で500万人増えた。各国で経済再開が進んでいることもあり、感染者が増えるペースは加速している。米国、ブラジル、インドの上位3カ国で世界の感染者の半分強を占め、深刻な状況が続いている。

米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると、米東部時間10日午後7時50分(日本時間11日午前8時50分)すぎの時点で累計の感染者数が2千万人、死者数は73万人を超えた。累計感染者数は500万人から1000万人までは39日、1500万人までは24日かかっていた。

累計の感染者数は米国が最も多い508万人で、ブラジルの305万人、インドの221万人が続く。100万人以上の感染者確認はこの上位3カ国のみだ。

9日集計分の世界の新規感染者数は22万4177人だった。過去最高は7月31日の29万人だが、その後も少ない日で1日で20万人以上感染者が増えている。

9日はインドでは6万2064人、米国で4万6935人、ブラジルは2万3010人の新規感染者が確認された。4番目に多いペルーは1万4千人超、コロンビアも1万人超増えた。日本は16番目に位置している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン