/

ワクチン開発「10兆円以上必要」 WHO事務局長が訴え

一部のワクチンは臨床試験(治験)の最終段階に入っている=ロイター

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンの開発などに向け「1000億ドル(約10兆6000億円)以上が必要だ」と述べた。一部は既に臨床試験(治験)の最終段階に入っており、各国政府や企業にさらなる資金支援を求めた。

WHOは4月、ワクチンや治療薬、診断薬の早期開発と普及に向け、国際的な協力体制「ACTアクセラレーター」を立ち上げた。2021年末までに世界で計20億回分のワクチンの供給を目指している。このうち半分は低・中所得国向けだ。

テドロス氏はACTアクセラレーターで支援しているワクチン開発が、治験の第2段階にあたる「第2相」、最終段階にあたる「第3相」に入ったと説明した。今後3カ月間が重要な時期になるとして「資金調達を拡大しなければならない」と話した。

WHOのテドロス事務局長はワクチン開発の加速へ資金が不足していると懸念を表明した=ロイター

だが、今まで確保できた資金と、必要な金額には「かなりの隔たりがある」という懸念を表明した。「これまでにG20(20カ国・地域)諸国がパンデミックに対処するために、10兆ドルの景気刺激策を投資してきたことに比べれば小さい」と述べ、協力を呼びかけた。

WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、新型コロナの日本の状況や対応について言及した。日本が「(感染が再拡大している)欧州と似たような経験をしている」と懸念を示した。一方、他国にないほどクラスター(感染者集団)を強力に追跡しており、「信用に値する」と称賛。日本の対策は正しいとの認識を示した。

WHOは、これまで得た感染データやクラスターの調査を活用して、科学的根拠に基づいた対策を続けることが重要と助言している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン