フィリピン大統領、ロシアからワクチン供与 中国に続き

2020/8/11 2:12 (2020/8/11 2:31更新)
保存
共有
印刷
その他

コロナ対応で中ロに傾斜するフィリピンのドゥテルテ大統領(7月30日)=大統領府提供・AP

コロナ対応で中ロに傾斜するフィリピンのドゥテルテ大統領(7月30日)=大統領府提供・AP

【マニラ=遠藤淳、モスクワ=小川知世】フィリピンのドゥテルテ大統領は10日、ロシアから新型コロナウイルスのワクチンの供与を受ける意向を示した。フィリピンは中国からもワクチンの提供を受ける方針で、供与をテコに友好国を増やす中ロの「ワクチン外交」が奏功しているようだ。

ドゥテルテ氏はテレビ会見で「友人のロシアがワクチンを提供すると言ってくれた。プーチン大統領に感謝したい」と述べた。ロシアのコバエフ駐フィリピン大使が7日の記者会見で「我々は安全で効果的なワクチンを開発した」と述べ、提供する意向を表明。「フィリピンでの製造も選択肢にある」と話していた。

世界各国が新型コロナのワクチン開発を競うなか、ロシアも実用化を急いでおり、政府は12日にワクチンを承認する方針。9月に量産を始め、10月にも医療従事者などを対象に無料で接種を始める。ただ、臨床試験(治験)を完全に終えておらず、欧米からは安全性を疑問視する声も上がる。

これに対し、ドゥテルテ氏は「ロシアのワクチンがよいものであると示すため、私が最初に接種し、実験台になる」と発言した。「米国は支払いを求めるが、ロシアは無償で提供してくれるだろう」と述べたが、ロシアは無償提供を明言していない。

フィリピンの感染者は10日の新規が過去最多の6958人、累計では13万6638人となり、感染拡大に歯止めがかかっていない。感染抑制のため、4日から首都マニラなどの外出・移動制限を再び厳格化したが、手詰まり感も漂う。

ドゥテルテ氏は7月末の施政方針演説で、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席に「ワクチンを開発したら最初に譲ってほしいと要請した」と明らかにした。中国側はこれに応じる意向を示している。かねて中ロに融和的な姿勢をとってきたが、コロナ対応への焦りから、手を差し伸べる中ロへの傾斜を一段と強めつつある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]