新型コロナワクチン開発の独キュアバク、米で上場へ

2020/8/11 0:14
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】新型コロナウイルスのワクチンを開発するドイツのキュアバクは10日、新規株式公開(IPO)の計画を発表した。上場先は米ナスダックで、最大約2億4500万ドル(約260億円)を調達する。ワクチン開発や臨床試験(治験)、生産設備の増強などに充てる。

バンク・オブ・アメリカ、ジェフェリーズ、クレディスイスが主幹事証券となる。新株を最大で約1533万株発行し、1株当たりの価格は14~1…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]