被爆者が語る「重み」 75回目の原爆の日

戦後75年
2020/8/10 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島と長崎に人類初の原爆が投下されてから75回目の夏を迎えた。この節目の年、国内外での新型コロナウイルス感染拡大で被爆の実相を発信する機会が減りつつある中、被爆者の高齢化に伴う記憶の伝承について改めて考えさせられた。

「被爆者健康手帳」を持つ被爆者は13万6682人(2019年度末時点)。ピーク時の4割弱となり、ここ数年は毎年9千人超の減少が続いている。平均年齢は83.31歳。既に19年の男性の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]