/

この記事は会員限定です

プランツラボラトリー、植物工場の野菜品種拡充

[有料会員限定]

植物工場開発のプランツラボラトリー(東京・港)は植物工場で栽培できる野菜の品種を増やす。工場野菜で主流のレタス類だけでなく、ホウレンソウやキノコなども栽培できるよう専用の設備とノウハウを提供する。植物工場の普及に弾みが付きそうだ。

同社の栽培システム「プットファーム」は農業用ビニールハウスのような簡素な構造で、設置費は従来のシステムの2分の1から3分の1だ。東京大学と共同開発した。独自の遮熱材や管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン