/

この記事は会員限定です

設備投資、小売り・食品堅調 在宅需要が後押し

20年度日経調査

[有料会員限定]

2020年度の設備投資動向調査では、在宅需要をつかむ小売りや食品業界で投資を伸ばす動きが目立った。ネット通販でも欠かせない物流施設や店舗の省人化への投資は、新型コロナウイルスによる事業環境の変化を乗り越えることにも役立ちそうだ。一方、自動車や電機は米中貿易戦争で投資の決断がしにくくなっていたところに新型コロナショックが追い打ちをかけ、慎重姿勢を強めている。

「(新型コロナの影響で)都市部の店舗は大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン