/

自民、抑止力強化へ理解を 敵基地攻撃力、公明は慎重論

自民党の稲田朋美幹事長代行は9日のNHK番組で、北朝鮮の脅威拡大などを踏まえた抑止力強化の議論に理解を求めた。公明党の斉藤鉄夫幹事長は敵基地攻撃能力の保有に慎重姿勢を表明。野党は「軽はずみな議論はやめてもらいたい」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と批判した。

稲田氏は地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画断念でミサイル防衛に穴があいてはならないとして「まず政府に代替策を出してほしい」と述べた。

敵基地攻撃能力に関する自民党提言について「相手領域内でも阻止する能力を、憲法や国際法の範囲内で保有するとまとめた」と説明した。

斉藤氏は専守防衛の観点から敵基地攻撃能力の保有に否定的だった政府方針を挙げ「変えるなら国民に分かりやすい議論をしなくてはならない。公明党も考え方を議論している」と語った。

福山氏は「先制攻撃だと言われるリスクが高い」と懸念。共産党の小池晃書記局長は「自衛のための最小限度の範囲を超える。政府の憲法上の立場をじゅうりんすることになる」と訴えた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン