/

政府援助隊、モーリシャス沖へ 日本船座礁で重油流出

外務省は9日、商船三井が手配した貨物船がインド洋の島国モーリシャス沖で座礁した事故を受け、6人の国際緊急援助隊・専門家チームを派遣すると発表した。10日に日本を出発し、流出した重油の除去作業を支援する。

外務省と海上保安庁、国際協力機構(JICA)の職員で構成する。

周辺にはサンゴ礁があり、生態系への影響が懸念される。モーリシャス政府は事故に伴い環境上の緊急事態を宣言した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン