/

この記事は会員限定です

TikTok買収交渉に不透明感 Twitterも名乗りか

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米国で中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の先行きの不透明感が増している。米マイクロソフトに加えて米ツイッターが米国事業の買収に向けて話し合いを持ったとの観測が浮上する一方、米国における利用を禁じる大統領令を不服として運営会社がトランプ米政権を提訴するとの見方も出ている。

米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は8日、ツイッターがティックトッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン