サッカー

前田が4発 名古屋、無駄のない攻めで大勝

2020/8/8 23:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

なぜ前半だけで名古屋が5点の大差をつけられたのか。4得点の右ウイング、前田は言う。「(今季加入の)金崎選手がタメをつくってくれるから、僕らがどんどん追い越せる。DFを引き寄せてくれるのでサイド(に空間)が広がり、そのサイドを突いて早く攻める。それがはまった」

【関連記事】
・8日のJ1 結果と戦評

左をマテウスが破り、折り返しに右から前田が突っ込む。好球必打、この必殺パターンで浦和が痛々しくみえるほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーの欧州リーグ予選3回戦は24日、各地で行われ、森岡亮太の所属するシャルルロワ(ベルギー)が浅野拓磨のパルチザン(セルビア)を延長の末に2―1で下した。森岡はフル出場し、浅野は延長後半5分に交 …続き (10:22)

 【ベルリン=共同】サッカーの欧州スーパーカップは24日、ブダペストで行われ、昨季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)覇者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が昨季の欧州リーグ王者のセビリア(スペイン)を …続き (8:44)

リンカーン戦の前半、ゴールを決め喜ぶリバプールの南野=左(24日、リンカーン)=共同

 【ロンドン=共同】サッカーのイングランド・リーグカップ3回戦は24日、各地で行われ、リバプールの南野拓実はアウェーで行われた3部のリンカーン戦で2ゴール、1アシストと活躍して7―2の勝利に貢献した。
…続き (8:02)

ハイライト・スポーツ

[PR]