/

モーリシャスで座礁の日本船、流出重油の回収急ぐ

日本の海運会社、長鋪汽船(岡山県笠岡市)が所有する大型貨物船が7月25日(現地時間)、インド洋の島国モーリシャス南東部の沖合で座礁し、8月6日(同)から燃料の重油が大量に流出している。積み荷は無く乗組員は無事だったが、周辺のサンゴ礁や海洋資源、観光産業への影響が懸念される。

座礁した「WAKASHIO」は鉄鉱石などを運ぶばら積み船で、全長は約300メートル。積載重量は20万3130トンと、ばら積み船としては大型の船。商船三井が長鋪汽船から用船(チャーター)し、中国江蘇省で積み荷を降ろした後、空の状態でブラジルに向かう途中で座礁した。船員は長鋪汽船が手配していた。事故の原因は調査中で商船三井などが今後、現地に社員を派遣して事態の解決を図るという。

座礁当時は約4000トンの燃料を積んでおり、大小5つあるタンクの内、少なくとも1つから燃料が流出している。そのタンクから仮に全て流出すれば1180トンの重油が海洋に流れるという。

モーリシャス政府は事故を受けて、環境上の緊急事態を宣言している。座礁した現場周辺にはサンゴ礁や観光スポットもあり、汚染は広範囲に及んでいるという。沿岸には国際的に重要な湿地を保全する、ラムサール条約に指定された区域もある。

現地の報道によると、重油は海岸にも流れ着いている。長鋪汽船が手配した業者が燃料の回収と船の移動を進めているが、「終了のめどは立っていない」(長鋪汽船)という。

同社の広報担当者は「まずは燃料の回収が最優先で誠意を持って対応する。費用などについては保険会社とも相談する」としている。商船三井と分担するかなどについては決まっていない。

モーリシャスはアフリカ南部の東沖合の島国で、面積は東京都とほぼ同じ。海や山など美しい自然が豊富で「インド洋の貴婦人」と称される世界有数のリゾート地だ。日本の外務省によると砂糖生産や繊維産業に並び、観光が主な産業。

積み荷や燃料の重油が流出する事故は、たびたび起きている。1997年1月に日本海で沈没したロシア船籍のタンカー「ナホトカ号」の事故では約6200トンの重油が流出して、日本側への補償額は約261億円にのぼった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン