75回目の長崎原爆の日 核なき世界願い、追悼の祈り

戦後75年
2020/8/9 5:00 (2020/8/9 14:17更新)
保存
共有
印刷
その他

平和祈念式典で放たれたハト(9日、長崎市の平和公園)

平和祈念式典で放たれたハト(9日、長崎市の平和公園)

長崎は9日、75回目の原爆の日を迎えた。爆心地近くの平和公園(長崎市)では平和祈念式典が開かれ、追悼の祈りがささげられた。同市の田上富久市長は核軍縮に逆行する国際情勢への危機感を表明し、新型コロナウイルス感染拡大を例に挙げ、核兵器廃絶に人類全員が当事者として向き合うよう訴えた。日本政府には核兵器禁止条約の早期署名、批准を求めた。

長崎市によると、式典には被爆者や遺族、68カ国の代表ら約500人が出席。新型コロナ対策として例年の10分の1程度に縮小した。参列者は原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうし、犠牲者の冥福を祈った。この1年間で新たに3406人の原爆死没者の名簿が奉安され、長崎原爆の死没者は計18万5982人になった。

安倍晋三首相はあいさつで「核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の努力を着実に前に進めていくことは我が国の変わらぬ使命だ」と述べたが、核兵器禁止条約には言及しなかった。

田上市長は平和宣言で、被爆者の手記を初めて紹介。原爆で妻子を亡くした作曲家の木野普見雄さんがつづった惨状を通して核兵器の脅威を訴えた。

厚生労働省によると、「被爆者健康手帳」を持つ全国の被爆者は2019年度末時点で13万6682人。ピークだった1980年度(37万2264人)と比べて6割減少した。平均年齢は83.31歳と高齢化が進み、各地で被爆者団体の解散が目立っている。

新型コロナウイルス感染対策で席の間隔を空け、原爆投下時刻に合わせて黙とうする遺族ら(9日、長崎市の平和公園)

新型コロナウイルス感染対策で席の間隔を空け、原爆投下時刻に合わせて黙とうする遺族ら(9日、長崎市の平和公園)

「平和宣言」を読み上げる田上長崎市長(9日、長崎市の平和公園)

「平和宣言」を読み上げる田上長崎市長(9日、長崎市の平和公園)

新型コロナウイルスの感染対策で席の間隔を空けて行われた追悼ミサ(9日午前、長崎市の浦上天主堂)

新型コロナウイルスの感染対策で席の間隔を空けて行われた追悼ミサ(9日午前、長崎市の浦上天主堂)

平和祈念式典であいさつする安倍首相(9日、長崎市の平和公園)

平和祈念式典であいさつする安倍首相(9日、長崎市の平和公園)

新型コロナウイルス対策のため間隔を開けて整列し、原爆投下の時刻に合わせて黙とうする参列者(9日午前、長崎市の平和公園)=代表撮影

新型コロナウイルス対策のため間隔を開けて整列し、原爆投下の時刻に合わせて黙とうする参列者(9日午前、長崎市の平和公園)=代表撮影

爆心地公園に供えられた千羽鶴を見つめる女の子(9日午前、長崎市)=共同

爆心地公園に供えられた千羽鶴を見つめる女の子(9日午前、長崎市)=共同

被爆から75年の原爆の日を迎え、爆心地公園の原爆落下中心地碑前で手を合わせる家族連れ(9日午前、長崎市)=共同

被爆から75年の原爆の日を迎え、爆心地公園の原爆落下中心地碑前で手を合わせる家族連れ(9日午前、長崎市)=共同

爆心地公園の原爆落下中心地碑前で手を合わせる遺族の女性(9日午前6時41分、長崎市)=共同

爆心地公園の原爆落下中心地碑前で手を合わせる遺族の女性(9日午前6時41分、長崎市)=共同

爆心地公園の原爆落下中心地碑に献花する高校生(9日午前6時56分)=共同

爆心地公園の原爆落下中心地碑に献花する高校生(9日午前6時56分)=共同

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」会場への入場制限を知らせる看板(9日午前、長崎市の平和公園)=共同

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」会場への入場制限を知らせる看板(9日午前、長崎市の平和公園)=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]