タイ古都「猿害」深刻 観光の目玉に避妊措置

2020/8/8 10:48
保存
共有
印刷
その他

タイ中部の古都ロッブリーは、サルが街中に現れることで知られ、観光の目玉の一つでもある。だが数が増えすぎ、市民生活への影響が深刻化している。鳴き声やふん尿の被害がひどく、廃業を余儀なくされた店も多い。当局は「猿害」に対処するため避妊手術を進め、頭数制限に乗り出している。

「近くのコーヒー店はオープンして2日で営業をやめてしまった」。中心部にある商店街の一角で、雑貨店を営むユパ・スリサングアンさん(…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]