村田製作所社長、焼鳥店で描いた回路 世界製品に

2020/8/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子部品大手の村田製作所に6月、初めて創業家以外からの社長が就任した。前社長の村田恒夫会長からバトンを引き継いだのは、1985年に入社して以来、技術畑を歩んだ中島規巨(58)だ。高い技術力が強みの本業の電子部品だけでなく、スピード感を持った経営でソリューションビジネスなど新たな事業の柱を打ち立てようとしている。

「次期社長候補は中島さんだろう」――。3月に社長交代が発表される前から中島は村田会長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]