ペッパー一瀬社長の決断 「いきなり!」は枯らさない
脱ワンマン瀬戸際の再建

2020/8/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「悔しくないといったら嘘になる」。7月3日、ステーキチェーン「ペッパーランチ」事業を投資ファンドのJ-STAR(東京・千代田)に85億円で売却すると発表したペッパーフードサービス。社長の一瀬邦夫(77)は、その言葉とは裏腹に表情には安堵感がにじんだ。

少し前まで一瀬は金策に追われていた。2013年から始めた割安な価格でステーキを提供する「いきなり!ステーキ」事業が、わずか5年で400店という大量…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]