茂木氏、日英通商協定で「実質合意」 月内大筋合意へ

英EU離脱
2020/8/7 23:09 (2020/8/8 5:07更新)
保存
共有
印刷
その他

英国訪問中の茂木敏充外相は7日、トラス英国際貿易相との協議で日英の新たな通商協定を巡り「大半の分野で実質合意した」と発表した。両氏は8月末までに大筋合意し、2021年1月の発効を目指すことで一致した。

協定は英国の欧州連合(EU)離脱に伴う。年末に離脱の移行期間が終わると日欧経済連携協定(EPA)の関税優遇を適用できなくなる。関税優遇の切れ目を生まないため両国が交渉を進めてきた。年明けに発効する…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]