エーザイと米社の認知症薬、米当局が優先審査

ヘルスケア
2020/8/7 21:15
保存
共有
印刷
その他

エーザイは7日、米バイオジェンと開発しているアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」について、米食品医薬品局(FDA)から優先審査の指定を受けたと発表した。FDAの新薬承認の審査は通常10カ月かかるとされるが、指定を受けたことで2021年3月までに承認の可否を判断する。アデュカヌマブは、認知症の進行を遅らせる薬として注目される。

アルツハイマー型認知症では「アミロイドベータ」という物質が脳内にたまることで症状が悪化することがわかっているが、臨床試験(治験)ではこれを除去する効果が確認された。プラセボ(偽薬)を投与した患者と比べ、認知機能の低下を抑制したとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]