/

この記事は会員限定です

ESG偽装がヘッジファンドに空売りされる日

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

ESGの考え方をヘッジファンドの投資戦略に応用する動きが広がりそうだ。国連の責任投資原則(PRI)事務局は年金基金などがESG型ヘッジファンドに運用を委託する際の指針を発表。環境の視点から企業を空売りするロング・ショート型のファンドも登場した。「ウオッシング」と呼ばれる環境や人権に関する企業の偽装が、マネーの力で暴かれる日も近い。

環境で選別するロング・ショート型ファンド

「ヘッジファンドへのES...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン