オリンパス、8年ぶり内視鏡刷新を支えた3人組

2020/8/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オリンパスは7月、消化器内視鏡の次期基幹製品「EVIS X1(イーヴィス・エックスワン)」を国内で発売した。世界シェア7割を握る消化器内視鏡で光源や画像処理装置などシステム一式を刷新するのは8年ぶり。数百人が携わるプロジェクトを支えたのは、部署間の壁を越えたチームワークだった。

ピント調整不要

「この画質を見ちゃうと前の機種には戻れないね」。画像処理装置の開発を担当した医療画像機器開発スーパーバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]