/

この記事は会員限定です

北陸温泉地、客足回復の兆し 宿泊割事業が奏功

[有料会員限定]

北陸3県で加賀、能登といった温泉地の宿泊客が足元で回復しつつある。新型コロナウイルスの影響による観光需要の落ち込みに対応するため、3県が県民向けに旅行商品を割り引く事業が効果を上げ、宿泊者数が前年並みに持ち直した旅館もある。ただ感染の再拡大の懸念から、一部の旅館でキャンセルが出るなど先行きに不透明感が漂う。

「7月の宿泊者数は昨年を2割上回った」。石川県加賀市の山中温泉にある旅館、お花見久兵衛の吉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン